Monthly Archives: 2月 2018

オリンピックの後

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

揺れる日本列島

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

地震の夢

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

強い体感

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

立川断層~銚子沖合

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

期限が早まる政治家

予知夢・遠藤@enchan369ai 2/15 代理投稿 山本

2/3『期限が早まる政治家』病ではないが南アフリカのズマ大統領辞任。

2/5『沢山のオープが』は米銃乱射で17人死亡の事?

新潟より西の空。

地、騒ぎを感じます。

今日で63。何かの為に生かしてもらっているのか?

大病も無くこれた日々に感謝。 pic.twitter.com/N1QIoVMgE

心の窓を開けよ。

心の扉を開いて己が心の窓を明けよ。四角い窓を開いた瞬間、メッセージに入って来た眼下に広がる田園風景青く澄み渡る大空に浮かぶ気球に乗って、漂いながら飛んでいた事に気が付くなら、あなたの心は気球とともに大空高く飛んでゆける事を知るだろう。

そう、今迄はふわふわと漂って漂流していただけなのだ。その乗り物が気球のごとき物であるとも知らず、コントロールの術を知らずに風任せの旅だったのだ。

上から降り注ぐ光を浴びる事のみに満足し、夜の暗闇の中ではほのかな月明かりや星の光だけを頼りに不安定な中で、朝の光をじっと待っていたのだ。

嵐や吹雪の日は、只、ひたすら収まりますように祈り続け、早く過ぎ去る事を耐えて待っていただけなのだ。たまには風任せの旅もいいだろう。

そして恐らくあなたの心が気球のような乗物に乗って漂っていた事さえ気が付かずにいたのだから、人生なんてこんなモノだろうと、さほどの不安も不満も無かったかもしれない。

しかし今、そこに窓があり、「それを自ら開けよ」との声に何気なくあなたが応じたならば(それを素直に従ったあなたは第一の者)、いや、窓があると知ってはいても開ける事への恐怖が今迄は有って然りなのだ。

むしろこれまでは、むやみに窓を開ける事に危険が伴ったのも事実だった。時は来た。もう充分待って、今、時は満ちたのだ。自分を信じられる者は怖れず、窓を開けなさい。心の窓を今こそ開くのです。あなたの心が窓を開けたら、あなたがどれだけ不安定な場よ(位置)にいたのか、瞬時に悟るでしょう。

同時に自分がどんな景色(状況)の中にいて、どんな乗物(器/肉体)に閉じ込められていたのかも解るでしょう。

 

そして窓を開けると、より多くの光が射し込み、風が通り、広い風景が見える事になるのだから、あなたはすぐに、今まで気付けなかったその気球をコントロールするハンドルがあった事を知るはずです。

しかし気球の舵取りをする事は、そんなに簡単な事ではありませね。ましてや心のコン卜ロールとなると至難の業です。ならば、もっとよく内部を調べて下さい。よく探してみると別の壁面(側面)にはたくさんのスイッチが付いているのを見つけるはずです。

そしてそれらのたくさんのスイッチが、何の為に使うものなのかを学び、マスターすれば、あなたの乗り物は単なる風任せの気球ではなく、どんな所へも自由自在に飛んで行けるすごい船であったと知るだろう。

地の果てへも、宇宙の果てへも瞬時に移動する事が可能だったのです。しかしこのような秘密が用意されていると知っても、実際に自分で窓を開き、光を入れハンドルやらスイッチを見つけ、使い方をマスターしなければ、ただの気球にすぎません。

しかし人にとって心の窓を開けるという事はパンドラの箱を開ける以上に勇気の要る事でもあるのです。空に浮かんで流される不安定な気球にとっては窓を開ける事で、突風が吹き込みバランスを失って墜落する事にも繋がる事も事実だから仕方が無いと理解しています。

まあ、しばし風任せに漂う事の良さもありましょう。本物の気球に乗って遊ぶだけなら、それはとてもスリリングで楽しい一時でしょうが、ずっとずっと永遠に不安定の中に漂流する事に、本来のあなたの魂は耐えられないはずです。

当ても無く、さ迷い続ける人生に疲れたのなら次の扉を開きなさい。本来、人間の夢は鳥のように自由に大空を飛ぶ事だったのは、今も昔も変わらなかったではありませんか?

いえ、本当は人は自由に空を飛べた存在だったのです。それを敢えて思い出す為に、その翼を自ら外して、天地の仲間と共に歩む事を選んだのですから。

しかし、もう、そろそろ思い出して下さい。

 

まず、あなた方人間が自由に飛び立てる事を示さなければ、他の生命も自由に飛べないのです。(飛ぶ事と同様に泳ぐ事も出来ます。もちろん、これらの例えは比聡的に伝えている事なのを、理解しなさい。これは心の自由を例えとして言っている事ですよ。)

そして、これらの話は地球という名の天体の窓を開くか、どうかに繋がるのです。どれだけの人が自らのカルマやしがらみを断ち切って、自分を信じ、自分の・心の窓を勇気を持って開き、真実を見て、内なる魂の秘密に気付き、さらなる大いなる霊性を蘇らすかで、地球号の窓を全宇宙に開くかに繋がるのです。

宇宙に、如何に多くの同胞が待ち、さらなる宇宙に、どんな生命体(精霊態・体)が存在し霊系団(意識)が見守っていようとも、地球に今いるあなた方の一人一人の心意と選択に、全ては存先する事なのです。

また宇宙に旅立つには宇宙のルールに則していなければ、如何にそれを望んでも許されるものではありません。もちろん現存のような地球では地球の窓を開く事イコール宇宙の規律の中でパンドラの箱をひっくり返してしまうアクシデントになりかねないので、いきなりあなた方の想いは届きません。

但し、それにはそろそろ与えられた執行猶予期間がもうそんなに無い事を宣告しなけれいけないゆえ、我々はあらゆる方向から現在許される範囲で、準備を終えた数少ない地球人(隠された長老・マスター・聖人)や、まだちよっと不充分であっても使命ある、意志ある者に、それらと太古より縁ある同胞が、直接交渉にあたってきたのです。

他の同胞の中にはかなりの成果を上げているのも事実で伝えられていますが、我々に縁ある者への問いかけは我らの力不足もありましようが、思うように進みません。

それでもやっと今、心を開こうとする者が少しずつ現われてきて、我々もじっと見守り続ける事に、暫し耐えていましたが、その一握りの者達に、敢えて今ここで再認識を促す為に、このような事をまた通信する事になった次第です。

これには多少我々にも地球上での時間が迫っている事への焦りもあった手落ちと力不足を反省しつつも、再度の呼びかけや問いかけに、より多くの者が,心の窓を自ら開いて応じてほしい故、異例の事情説明をする事になりました。この文の最初ではかなり比喩的にぼかそうとしましたが、この機に敢えてはっきり言わなければと判断した為、トーンを変えて説話しました。

 

覚えていますか?

以前伝えた言葉を…5W1H.何時何処で誰が(誰に)何をどうするのかそれは何故かという事を暗号にした、

秘密がわかる者にはわかるはずでしょう。

この所の理由が、かなりはっきり書かれているので、どうかそこを意志ある者は見出して下さい。それをはっきり今ここで言葉に出来ない事の意味をどうか心で悟りなさい。あなたがたとこの先の多くの人々を守る為に敢えて言葉にするのを避けたいからです。

(ヒント・数の1998/、にじ、預言成就した箇所のすぐ後の詩中に隠されている今(最近)の現状に近い事を言っている言葉の中に真意有り)

普通に、普通に現実と生活の芽生えを整え、しっかりとした気持ち強い意志大切な心で構えなさい。自分が変わるのを待つのか、自らが変わるのか!?世の中が変わるのを見守るのか、自分達が変えていくのか?やるのかやらないのか?やるなら今しかないやるなら今しかない。

この世のためとか、人の為とか、地球の為とか…………いや、自分の為にやるのは今しかない。約束の期限まで自分というものの為に残されているのは今しかないからだ。その後は自分の為に自分のしたい事が出来なくなるだろう。

自分の意志で、自分で自分を変えなければ、後は自分が望まない事を人があなたに押しつけて意識を変えさせられるまで詰めよって来るだろう。人が人にさせられるならまだ人間同士の始末を自分達(仲間うち・身内)でつけるのだからまだ良いのだ。

それからも逃げるのなら人の世が、社会があなたを変えさせる。世界が、地球があなたに戦いを挑む事になるかもしれない。自然の牙の怖さをあなた方は充分知っているだろう。

それにさえ気付かぬ愚か者は今度こそは許されないのだ。そのような事態に皆が苦しむのは耐えられないだろう。だからこそ今、皆が苦しめられぬ為にも、このチヤンスを知る者にこそ目を覚ましてもらいたいのだ。

 

今やるなら苦しむ事はないのだ。自ら進んで自分の為に自分を幸福な者に変わる事で、あなたが真に幸福に変わる力で、回りの者達にもさりげなく、幸福への戸を開かせる機会を作る事が今なら許されているのです。

あなたの成長を見て自分も成長する事を選ぶ仲間を導いて下さい。真の強さと優しさを示す事が伝導であり、捧げる事が愛です。

我々は以前あなた方に言いました。春を存分に楽しみなさいと。春に息吹く命を尊び、新たな種を蒔き、少しずつでも確実に成長する喜びを実感できる春を楽しむことです。春と共に自らも成長し納得のいく自分に、自らを確かに信じられる自分にこの春こそ本気で自分を変えてみてください。この春の意味は今迄とは違うのです。この世の春は本当にラストチヤンスになることをいずれあなたがたは知る事になります。

このような言い方をすれば、どうしてそんなに急かすのか、まるであなた方を脅しているように思われると、我々も非常に辛い役目ですが、我々ですら今こそあなた方の心としっかり回路を開いておかなければ、例え深い縁のある者でも我々の声を受信する事すら寸断される時がやがてそこまでやって来ているゆえ、このように言わざるを得なかったのです。

もし我々のこの切なる想いと熱意すら悪の囁きとまがって取られるなら、我々とてもうどうしようもありません。我々は信じてもらえても、もらわなくても、あなたがたにもともと利害関係など存在しませんので何と思われようと罵しられようといっこうにかまわないのです。

あなた方に望む事は自らの手で心の窓(通信回路)を、今のうちに役目のある者達に開けて頂きたいのです。それを助ける事が我々に許された我々の使命だからです。

全ての人にそれを望むものではありません。本来の約束(使命)ある者と、約束や縁が本来なくとも進んでその仕事を買って出る者(ボランテイア)達と、それを望む者達にはその方法を教えられる時(約束の時/期限)までに出来るだけ多くの者達に伝えたかったからです。

 

そのような者が一人でも多く確保される事で来るべき日にある程度まで事態を変えるチヤンスが出来るのです。

もちろんその者達には通信手段と方法を早急にマスターして頂かなければ、例え回路を開く事に成功できていても使用できない事も知っていて下さい。今ならまだ多少余裕を持って遊びながら楽しくマスターする事すら可能なのです。

但し、それにはあなた方の意志(選択)という認可が必要です。その意志確認の認定期間が残念ながらこの春しかないのです。(もともと生まれながらにしてその能力を許されている者と今世、苦労して現在迄許可され使用している者は除きます。)

その人々には別の(使命があった故、そうなっていた事ですし、我々だけが認可する特権はありません故・・)只、この先余り時間が残されていない故、今回新たに我々との通信回路を開通するには認可申請が必要な事に規則ではなっているのです。

短期間でそれらをマスターするには、それなりの決意と覚悟を持ち合わせていないとやはり多少難しく思われますし、戸惑いながらでは出来ない事なのです。

つまり苦しんでやってはいけないという事です。だからその為に必要なのは現状の自分をよく理解している事が最低限不可欠ですし、その為にも自分という者を信じられる処まで自分を変えて頂きたかったというわけです。

勿論、強い意志のある者、現状の自分がどうであれ、もう自分という者について認識をする事に充分だという者(自分の事より他の為に働きたいという利他愛のある者)利自即利他を信条とするもの者は、如何に不充分で未熟であろうとも、その志の高さを尊重するので、すぐに許可が下り、マスターするのも早いと思われます。

あなたの勇気を天も我々も大いに喜び支援する事が約束されているからです。一方、使命をすでに悟っているのに私欲を嫌っている為に自然と、天の声を待つ者には敢えて忠告しておきます。それこそが我が身可愛さの私心である事を。

時が満つるを知らずして、いったい何を悟ったというのだ。あなたの自己満足の情報を得る為の回路ではないぞ。その使命は他の人々の為に自分が果たす約束であった事を忘れたのかと。

 

人の為に使うべき霊性を何故自分一人のものとして封じ込めているのか?いくら受信器(能力)を与えられていても使い方が判らずば何の役にも立たぬぞ。今だからこそ存分に練習して必要な時はきちんと機能するようにしなくてはならないのだよ。

今からでも遅くはない。どうか真剣に取り組んでほしい。本来与えられていなくても自らの選択と意志で慣れない事に苦労しても懸命に志す者もいるのに。ちゃんとやる気になれば彼らの努力に比べればあなた方には容易い(たやすい)はずた。

一番称えられるのは能力では断じてない。真の勇気と他への愛と素直な心という事ではなかったか。どうか今こそ大欲を持って立ち上がってほしい。それではいったい何をどうやったら良いのかとあなた方は考えているかもしれない。その為の第1歩は自分を信じる事。信じられる自分に変える事。(特に使命を悟っている者に言うが、(自分を)知っているというなら何故納得のいかぬ自分などさっさと変えてしまわないのかと言いたい。)

とらわれや苦しみからまず解放されて内から湧き上る幸福感(至福)というものを掴み取る努力をする事。

心の奥から聞こえる声に耳を澄まし、切なる魂の叫びをしっかりと受け入れるまで自からを変化させ、霊の領域の扉を探し(あなたの声と言葉で扉の向こうに呼びかけなさい。

きっと扉の向こうから微(かす)かな物音や声が聞こえるから、その方向に扉はあるはずだ。

それが、何かが見えるまで辺りを見回しなさい。見るほうが早い者やもしくは見えも聞こえもしなくとも手探りで探しても良いですよ。もしその霊性の扉(肉体的には,心の窓が見つけられたら何度かノックをし応答があったら静かにその戸を開けなさい。なかには向こうから開けてくれる場合もあろうが、たいていは自らの意志で開けるものである。但し、そう簡単には開かないので静かに開けようとしても開かない場合が多いので、その時はドンドンドンドンとノックして今だと感じたその時に体当たりでも良いから思い切って開けても良いのです。

一つ注意し忘れましたが、鍵がかかっている場合は鍵を外せる者は外すように(既に鍵を持っている者(使命ある者)はドアさえ見つかればちゃんと鍵は開くはずです。)

 

それでもどうしてもドアが開かぬなら、一応他に扉がないかどうか調べなさい。今度は大抵うまくいく筈ですが、それでも無理ならその扉はあなたの頑(かたく)なな心によって封印された産物であるゆえ、リラックスしてイメージを柔軟にする練習(イメージトレーニン)を暫くやってトライしてみなさい。どうしてもうまくゆかぬ時は、すでに成功した者から話を聞いてやり方を学び参考にすると良いでしよう。しかし今一度言うが、扉を開く意志のある者にはこのような苦労などしなくても簡単に扉は開く仕掛けである事を念の為教えておきましよう。

さていよいよ扉は開いたならばもうこの先は自由自在、どんな事でもあなたの意のままです。つまり最初はあなたの思いのまま、欲求のままの世界を創造する事が許されたあなただけの世界です。そこで自分が自由自在になれるまで、しばしトレーニングをしておきなさい。

しかし何時までも空想の世界で遊ひ続けるわけにはいきません。改めて問うのです。改めて考えてみるのです。

本当にあなたが万能で自由自在な存在と解った時、いったいあなたなら何を選び、何をするのかと。そこはあなたが求める事ならどんな事も与えられる世界であり、あなたが知りたいのならどんな事も教えてくれる準備とチヤンスがあるのです。それをどう求めようと、知ろうとあなたの自由なのです。

そうなるとやはり本来のあなたが果たしたいと願っていた事の為に、それを実現させる為に有限な時間を使うべきであると、あなたはきっと悟る筈です。遊びは遊びで豊かな心を育む為に不可欠ですがそれを実践の場で生かす、臨機応変に対応したり、能率、効率よくこなし目的達成の為に機能させるのが仕事をするという事なのです。

そしてこの時は自分自身の為であり他の全ての為でもある自他への愛の仕事、つまり自らを捧げる事で自らの心を定め(つくり)、魂の成長を促し霊性に目覚め、創造(神霊/宇宙)の領域に共に一体化するという真の仕事=奉仕であることにやがては繋がるお役を自らが買って出たゆえ、自らが開けた扉だった事を再度思い起こし自己チェツクを怠らぬよう注意してください。

誰しもついうっかり自由になれば慢心する危険を伴うものだからです。

 

そしてこれらを体得してくるにつれ、少しづつ回路は開かれる事になりましよう。それは自らが求めたお役の自らの声のこだまとして受信される事になりましょう。上から押しつけられたモノでも我々の一方的なモノでもなく、

必要な時に必要な分だけ情報が入ってくる事になるのです。その点において先述の、あくまでも想念の中のトレーニングだったイマジネションの世界とは似て非なる情報で、情報を受け取る役目があるからこそ受信しているのだという事をきちんと区分していてください。

それはあなた個人の私欲の実現や遊び(トレーニング)のイマジネションではありません。与えられた直感、インスピレーションの域です。そしてこれは双方向に流れ、真実の(正しい想念の)願いや祈りや問いかけを自ら発する回路です。この回路は今、縁ある者の場合、我々の回路ともなりますが、本来はより高次元の存在とあなた方が本来は自在に通じていた(受信できた)失なわれた回路です。

霊性を取り戻す事の真の意味はこの事の為です。本来あった能力(パワー)を自らが取り戻し、自らが神・宇宙・創造の一観である事を思い起こし、これらと一体となり共に営み続ける姿を、真に取り戻す為です。それらの存在と人が別れた事すらも、より高次広域に成長する為に定められた意志と法則による仕紐みでありました。またその大宇宙も他の大宇宙の為の仕組み、それによって新宇宙を生み出す仕掛け、また、それら全て同次元同志の宇宙の営みもその上の高次な宇宙(又は一つ下の次空)の為の奉仕なのです。

言葉で表現する事で、このような単純なものと誤解を受けると困りますが、千の難しい理屈で言って正しく表現するという事も間違いです。ある意味ではあまりにもシンプルであり、一瞬でも充分なのです。

時間というものが愛である事はすでに学んだと思いますが、現次元での地球にはその意味である期限があるという事です。その期限までのタイムリミットがつかの間の春で終われるのか、永遠ともいえる世界をつかみ採るのかは先程来、くどいほど充分に語ってきました故、後はいちはやく各々が自分の幸福を手にし、真の真実(真理と実在)に目覚められる事を大いに期待するものである。

人力車

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

食料の減衰がある

予知夢・遠藤@enchan369ai 引用 代理投稿

1/22『ヘルメットと催涙弾』は合同チームに反対する韓国の保守系vs警察隊?

『くるくると死神の鎌がまわり』は陸自のアバッチの墜落事故にも見えましたし。

『食料の減衰がある』は大雪で農家が被害甚大。

『ウジがわき上がるがある、黒き虫多く、耳元を騒ぎたてる虫が人々に魔と割りつく』がある。

 

 

 

各地の豪雪

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

Bookmarks